年頭ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年が皆様にとりまして、希望の持てる飛躍の年となりますことをお祈り申し上げます。また、病床等にて新年を迎えられた方々には、一日も早いご快復を心より祈念いたします。

さて、昨年は新型コロナウイルスの影響により、様々な福祉活動の自粛を余儀なくされ、新しい生活様式の実践を求められるなど、想定外の対応に追われた一年でした。

新型コロナウイルス感染症の流行が一刻も早く終息し、安全・安心な一年となることを願ってやみません。

さて現在、本市では、一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯の増加、虐待や地域での孤立、生活困窮世帯の増加など様々な社会的問題があります。

本会では、これらの課題の解決に向けて、自治会や支部社会福祉協議会、各種団体と連携し、必要とする方への見守りや担い手の育成・支援、住民主体による地域交流の場づくりやボランティア活動など、地域福祉の推進に取り組んできました。

本年も、市民の皆様が安心して共に暮らせる福祉のまちづくりのため、地域福祉の推進に努めてまいりますので、皆様の温かいご理解とご協力をお願い申し上げます。

結びに、社会福祉協議会会員の皆様、支部社会福祉協議会をはじめ自治会連合会、民生委員・児童委員協議会、コミュニティ協議会、老人クラブ連合会、ボランティアグループ等各種団体の皆様の旧年中のご尽力に感謝申し上げますとともに、引き続きご支援をお願い申し上げ、年頭のあいさつといたします。

北本市社会福祉協議会 会長 稲木勝英

 

 

 

2021年1月4日
このページの先頭へ戻る