こども応援プロジェクト

こども応援プロジェクトとは?

日本では7人に1人の子どもが貧困状態にあり、当たり前の生活を営めない子どもたちがたくさんいます。経済的な困窮だけでなく「人とのつながり」や「教育・体験の機会」が奪われるなど、貧困の連鎖が大きな社会問題になっています。

そこで、北本市社協では、令和3年度から未来を担う子ども達を皆で守っていく【こども応援プロジェクト】を始動します。

①「こども応援未来基金」の創設

北本市の子どもの健やかな成長と夢と希望を応援するために基金を設立しました。

②担い手養成講座等の開催

「こども食堂」などの担い手養成講座を開催し、立ち上げまでの支援を行います。

③こども食堂やフードパントリーのネットワーク会議の開催

こども食堂やフードパントリーを行う団体同士の連携を図ります。

④「きたもと、つながるフードパントリー」の開催

市内の団体と共同で地域の困窮世帯などの支援を行うと同時に、活動者の活躍の場の創出を目的に開催します。

 

こども応援プロジェクトチラシ

kodomoouen

2021年5月24日
このページの先頭へ戻る